MENU

BLOG/ ブログ

裏なんば 虎目横丁

2017.04.22 / WEB

大阪 裏なんばにある虎目横丁のWEBサイトをフルリニューアルいたしました。

04

裏なんば。ここ数年あついスポットになってます。
安くておいしい、おもしろいお店がたくさんありますよ。

その裏なんばにある虎目横丁。
9店舗のお店が集合した屋台村スタイルの横丁です。

虎目横丁が、オープンする際にホームページを制作いたしましたが、
そこから虎目横丁の営業内容やお店などもいろいろと変わってきて、修正が必要となったこともあり
また、世の中の動きも変わってきたのでフルリニューアルいたしました。

知りすぎて悩む日々

私はオープン当時のことやお店側の思い、ここまでの変化や流れ、そんなことを一緒にみてきたつもりです。
それ故に、今回はリニューアルするにあたり「知りすぎていていてわからなくなってしまう」という事態に襲われました。
構成やデザインに入っても、なんとなく何かがひっかかっている日が続きました。

WEBだけではありませんが制作する際、クライアントの思いやコンセプトがあり、そこから商品(飲食店の場合は業態)や価格帯、地域、客層などを考えて設計していきます。
そこの思いやコンセプトをもう一度見直してみました。

お店側の「お客様やお店への思い、伝えたいこと」を最大限理解した上でないと私の場合はうまく進みません。

そして、オープン当時、本当の最初の段階に初めてお伺いした話を思いだしました。
そこからまた練り直しました。

そして、同じお客様でもそれぞれの求めることって違いますよね。

どんな場所さえかも知らないお客様
関西に住んでいないお客様
聞いたことや興味はあるけれど行ったことのない方
何度か行ったことがあるけれど、初めて友人知人を連れていこうとする方
いつも来てくださる常連さんは何をみるのかな
今まさにお店に向かいながらサイトをみている方

お店や会社側が伝えたいこととお客様(サイトをみる方)の知りたいことは必ずしも一致するとは限りません。
売りたいものと売れるものが違う場合も当然あるので…
ではどうしたらいいか。そのあたりを考えベネフィットを見出し、提案するのが私の役割かなって思います。

サイトは、会社や商品の顔でもあります。
そのお店や会社の第一印象になる場合もあり、サイトだけでなくすべての発信は責任をもたねばならないと考えます。

当然ですが時代の流れに合わせて見直し、作っていく必要もありますね。
何でもトレンドのデザインにすればいいとは私は思いませんが、今の動きに合わせる必要はあるかなと思います。
これまで通用していた売り方も変えていかねばならない場合もあります。

ここ数年で大きく時代の変化を感じます。
企業から発信するメディアや文書すべて、お客様のことは当然ですが、あらゆるステークホルダーを考えていくべきです。

懐かしい雰囲気の横丁

私も大好きな場所。虎目横丁。
どのお店も本当においしい。そして楽しい!
0401

懐かしい雰囲気の屋台が連なる……
スマホもなくコンビニも少なかった昭和。ご近所さんに気軽に調味料を借りに行く。懐かしく古き良き時代。
席が近くてお客様同士も仲良くなったり、ちょっと移動して別のお店で飲んだり….
そんな場所になればいいなぁという思いで虎目横丁は誕生しています。

他のクライアントさんもお連れすることもありますが、とっても喜ばれます。

イベントの際に撮影に行くこともありますが、お客様は皆さん大変盛り上げくださり、心よく撮影にも協力してくださいます。いつもありがとうございます。

虎目横丁の公式サイト
https://虎目横丁.com/

裏なんば虎目横丁
06-6636-4510
〒542−0073 大阪市中央区千日前2-3-15

Top